海外FX業者強者達



国内FXと海外FXの違いについて


sdf77投資を行うのに現物株は景気が悪いと基本的に下落し、保有したままだと含み損がかさんでしまいます。ですがFX外貨証拠金取引なら何と言っても現物株 では出来ない、ロングやショート両方でリターンが狙えるのが良い所です。為替レートが上昇すると見込んだらロングを、為替レートが下落すると見込んだらショートポジションを取ります。さらに高金利通貨のロングポジションを持ち越すことでスワップポイントを狙えるのも魅力です。

取引を始めるには国内FXと海外FXと大まかに分けて2つの業者があります。どちらに口座開設しても取引じたいは可能ですが、一番大きな違いがレバレッジです。国内業者の個人口座ではレバレッジは25倍までと規制されていますが、海外業者は国内の規制に関わらずハイレバレッジを使用することが出来ます。

100倍や500倍、800倍と言ったかなり倍率の高い海外業者もあります。ハイレバレッジは成功すれば一攫千金を狙うことが出来ますが、失敗してしまう と大きな損失を抱えてしまいます。安易にハイレバレッジを掛けることは危険ですが、海外業者の中には国内業者には見れれないゼロカットシステムを採用している事があります。

ゼロカットシステムでは追加保証金が発生しないと言うのが最大の特徴です。たとえ500倍でも800倍でも証拠金以上の損失を抱えてしまう事が無いので す。ハイレバレッジによるリスクを証拠金までに抑えながら、リターンは無限に追及することが可能です。海外業者は国内業者にはない初回入金ボーナスなど多彩なボーナスがご用意されているのも魅力の一つです。しかし国内業者は信託保全が義務化されており、万が一会社が破たんしてしまっても預けた証拠金は全額戻ってきます。

安心して証拠金を預けることが出来ますが、海外業者では信託保全が義務化されている訳でもなく分別管理が多いです。分別管理では不安を感じることが多いの が現状です。無登録の海外業者による出金トラブルもよく聞きますので、海外業者をご利用するときはきちんと情報を集めてから口座開設されたほうが良いです。海外業者の中には信託保全されているところもありますし、名前の知られている海外業者なら信頼性も高いです。

入出金は基本的にクレジットカードのショッピング枠です。しかし出金する場合の利益分については銀行預金口座へ出金されることが多いです。海外業者は日本 語に対応しているところも多く、英語が出来ないと取引出来ないと言うわけでは無いです。日本語サポートにより入出金の仕方など分からない事があっても日本語で質問することが出来ますので安心です。